施設のご案内   【井野病院 階段の壁画】
病院は病んだ人を治療するところです。治療は、医学の知識を基礎として、人間に対するあらゆる考察を必要とする総合科学です。
総合科学の中には、人による行為とともに、物理的環境も大きな要素として存在します。私は、欧米の様々な工夫を見て、建物が中に住まいする人に大きな影響を与えるということを知りました。そこで自分の病院でできる癒しの空間はどうだろうと考えました。
病院という病んだ人が暮らす空間だからこそ、より一層癒しに対する配慮が必要なのではないだろうか。病院でも大きな癒しの空間を創ろう、と壁画作成を思いつきました。そこで、知人を通して、京都造形芸術大学の小林昌廣先生を知ることができ、私の提案に具体的に同意してくださいました。
壁画は、京都造形芸術大学の16人のプロジェクトチームのメンバーが40日をかけて描いてくれた作品です。洋画・日本画・在校生・院生・卒業生の混成チームです。20歳代前半の若者が、病気の人たちのために一生懸命考えてくれた「癒し」です。テーマは「ひとつの木とみんなの気」。若い感性が、苦しみや喜びを絵に表現してくれました。
                                       [井野病院 事務局長 井野節子]
 南階段
テーマは「ひとつの木とみんなの気」。緑色とオレンジ色の大きな木が、地下から最上階までをつらぬいています。自由な発想で描かれたメルヘンの世界が見る者を包み込みます。
南階段壁画 南階段壁画 南階段壁画
南階段壁画 南階段壁画 南階段壁画
南階段壁画 南階段壁画 南階段壁画
 北階段
制作者それぞれの考えの元に描かれた作品がフロアごとに描かれています。個性が如実に表れていて、その融合がおもしろい。
北階段壁画 北階段壁画 北階段壁画
北階段壁画 北階段壁画
 壁画制作
京都造形芸術大学
小林昌廣先生の指導のもと、小野さやか・尼川結・田渕智子・野沢七海・上尾麻有実・江本祥司・市瀬博之・東田幸・横山貴子・茂木香野・高橋文・吉川久美子・山名しおり・角田理恵・中山彩・渡辺紀久子(敬称略)


画面ではほんの一部しか紹介できないのが残念です。ひとつひとつ見ていくと製作者のこだわり・遊び心がふんだんにちりばめられています。百聞は一見に如かず。一度本物をご覧になってくださいね。
Copyright(C) Shiosakikai Group. All rights reserved.