安心と信頼の医療、福祉を提供する            DPC対象病院
汐咲会グループ エンブレム。詳しくはクリック! 医療法人社団 汐咲会 日本医療機能評価機構認定病院
井 野 病 院
内科 消化器内科 循環器内科 呼吸器内科 肝臓・胆のう・膵臓内科 糖尿病内科 人工透析内科 神経内科
外科 整形外科 リウマチ科 眼科 婦人科 小児科 放射線科  リハビリテーション科 乳腺外来 禁煙外来
〒671-0102 兵庫県姫路市大塩町汐咲1-27      TEL 079-254-5553(代表)
井野病院トップへ
井野病院について
理念・病院長あいさつ
病院概要・沿革
指定・認定
臨床指標 
個人情報の保護方針
施設のご案内
バリアフリー情報
オリジナルカレンダー
診療について
外来受診の流れ
外来診察時間・担当医
診療科と医師の紹介
検査と治療
人間ドック・健康診断
入院について
DPC対象病院
地域包括ケア病棟
教室
糖尿病教室
慢性腎臓病教室
生活習慣病教室
ご相談
栄養相談
医療福祉相談
薬の相談
各会
糖尿病友の会 汐咲友愛会
象の会
リンク
病気や検査を体験した人々が自分の体験について語っている様子を見ることができます
【英語版】病気や検査を体験した人々が自分の体験について語っている様子を見たり聴いたりすることができます
日本医療機能評価機構が実施する医療情報サービス。各種疾患について知りたい人はこちらへGO!
    検査と治療  【爪白癬の治療   

爪白癬とは

爪のみずむし、爪白癬は、足の水虫と同じように、白癬菌(はくせんきん)というカビが原因でおこります。多くは足白癬(水虫)を治療せずに放置したために、白癬菌が足の皮膚から爪の中に移りすんだために起きています。
症状は、爪が白く濁る、黄褐色になる、変形して分厚くなります。痛くもかゆくもないため、放っておかれることが多いのですが、からだの他の場所や家族や友人にうつしてしまう可能性があります。

足の指の白癬菌 白癬菌 顕微鏡写真
罹患率
爪白癬は爪の病気の中で最も多くみられるものです。ある統計では、日本国内に1,100万人もの患者さんがいて、特に60才以上では約40%、5人に2人は爪白癬といわれています。 白癬菌 罹患率
白癬菌の寄生
白癬菌は、足や爪だけに寄生するものではありません。全身の皮膚や爪、髪の毛に寄生して症状を起こしてしまいます。
爪白癬をきちんと治療することは、こういった他の場所に起こる白癬を予防する意味でも大切です。
白癬菌 寄生場所
爪白癬の治療
硬い爪は、外からでは治せません。
白癬の治療には、抗真菌薬という薬が使われます。この抗真菌薬には、飲み薬と塗り薬があって、足白癬(水虫)の場合は塗り薬で治療するのが一般的です。
しかし、爪は表面が硬いため、塗り薬を外側から塗っただけでは、爪の中にまで薬がいきわたりません。そこで飲み薬による治療が必要です。

爪白癬の写真
口から飲んだ薬が、本当に爪に効くの?
口から飲んだ薬が爪に効くというと、ちょっと不思議かもしれません。しかし、飲み薬は体内に入れば血液の中に吸収されて移動し、患部まで運ばれます。ですから、血管が通っているところであれば、どこでも薬をとどけることができるのです。爪そのものには血管はありませんが、爪をつくっている「爪母(そうぼ)」や爪に覆われた「爪床(そうしょう)」には血管が通っていますので、爪の内側からはたらくことができるのです。
内服薬(ラミシール)は、従来のものに比べ副作用が少なく、よくききますが、最低でも3〜4ヶ月(できれば半年〜1年間)つづけます。薬の副作用として、まれに肝臓の障害が起こることがありますので、内服開始後2週間目に血液検査を行い様子をみながら治療を行ないます。

  当院では、外科にて爪白癬の診療を行っています。お気軽にご相談ください。
Copyright(C) Shiosakikai Group. All rights reserved.