安心と信頼の医療、福祉を提供する            DPC対象病院
汐咲会グループ エンブレム。詳しくはクリック! 医療法人社団 汐咲会 日本医療機能評価機構認定病院
井 野 病 院
内科 消化器内科 循環器内科 呼吸器内科 肝臓・胆のう・膵臓内科 糖尿病内科 人工透析内科 神経内科
外科 整形外科 リウマチ科 眼科 婦人科 小児科 放射線科  リハビリテーション科 乳腺外来 禁煙外来
〒671-0102 兵庫県姫路市大塩町汐咲1-27      TEL 079-254-5553(代表)
井野病院トップへ
井野病院について
理念・病院長あいさつ
病院概要・沿革
指定・認定
臨床指標 
個人情報の保護方針
施設のご案内
バリアフリー情報
オリジナルカレンダー
診療について
外来受診の流れ
外来診察時間・担当医
診療科と医師の紹介
検査と治療
人間ドック・健康診断
入院について
DPC対象病院
地域包括ケア病棟
教室
糖尿病教室
慢性腎臓病教室
生活習慣病教室
ご相談
栄養相談
医療福祉相談
薬の相談
各会
糖尿病友の会 汐咲友愛会
象の会
リンク
病気や検査を体験した人々が自分の体験について語っている様子を見ることができます
【英語版】病気や検査を体験した人々が自分の体験について語っている様子を見たり聴いたりすることができます
日本医療機能評価機構が実施する医療情報サービス。各種疾患について知りたい人はこちらへGO!
    検査と治療  【PEG・PTEG】   

口から食事のとれない方へ朗報
   PEG (ペグ) 経皮内視鏡的胃ろう造設術
   PTEG (ピーテグ) 経皮経食道胃管挿入術

PEG ・ PTEG とは?
口から食事のとれない方や、食べてもむせ込んで肺炎などを起こしやすい方のために、直接胃や食道に「口」を作り、そこから栄養を入れる栄養投与の方法があります。
PEGやPTEGはその「口」を作る手術のことをいいます。

安心安全な栄養管理を
鼻・のどを通して胃にチューブを入れて栄養剤を注入する方法もありますが、この方法では、

 @鼻・のどの違和感があり、自分で抜いてしまう可能性が高い
 Aだ液をうまく飲み込めず、気管支炎・肺炎を起こす可能性がある
 Bチューブを隠せない(外から見える)
 C鼻翼に潰瘍を形成する

等の問題があります。そこで、それらの問題を解消する栄養投与法がPEG・PTEGです。
適用疾患
嚥下障害 脳血管障害
パーキンソン病
種々の神経・筋肉疾患
痴呆
術後栄養障害
消化器系疾患 クローン病
減圧治療 がん末期

PEG・PTEGの利点
PEGはしっかり固定されていますので、抜ける心配はほとんどありません。
PTEGは特別な固定はしていませんが自然に抜ける心配はほとんどありません。
違和感が少ないので自分で抜いたりせず、手足を縛られるような苦痛が少なくなります。
操作は簡単で、自宅でも介護が容易です。
PEG・PTEGを造っても鼻やのどにチューブが通っていないため食事ができます。むしろ、食べるリハビリに適しています。食べたものがろうから出てくる心配もありません。
口から十分に栄養が摂れるようになったらPEGやPTEGは抜去できます。抜去したその日からでも食事ができ、そのあとの穴は自然にふさがりますので心配ありません。
シャワーはもちろん、全身湯船につかっても全く支障ありません。
運動などのリハビリに支障ありません。

PEG (ペグ)  経皮内視鏡的胃ろう造設術
PEGとは、Percutaneous Endoscopic Gastrostomyの頭文字をとったもので、経皮内視鏡的胃瘻造設術といいます。管理が容易であること、患者さまの苦痛が少ないことから、欧米でまたたく間に普及し、長期経腸栄養の標準的な投与ルートになっています。
PEGは、口から食事のとれない人、飲込む力の無い人のために、直接胃に栄養を入れるためのおなかに小さな「口」を作る手術です。
内視鏡的に行いますから、おなかに5〜6mm程度の傷がつくだけで、出血もほとんど無く、手術も5分から10分程度で終ります。苦痛を軽減するため局所麻酔と鎮静剤の注射をして行います。手術後は多少痛みますが、軽い痛み止めで取り除くことができます。その後、痛みも和らぎ違和感もほとんど無くなります。
PEGの手順
@ 穿刺部位決定 内視鏡下で穿刺部位を決定する。 PEGの手順 穿刺部決定
A 局所麻酔 試験穿刺で胃壁えお貫通させ、刺入部位の確認をした後、局所麻酔を行う。 PEGの手順 局所麻酔
B 穿刺 ボタンを引き込むためのガイドワイヤーを通す針を腹壁から胃内に刺入し腹壁の厚さを測り、ボタンの長さを決定する。ガイドワイヤーを挿入して内視鏡で捕まえ、口から引っ張り出す。 PEGの手順 穿刺
C  ガイドワイヤーとボタンを結ぶ。 PEGの手順 ガイドワイヤー
D ボタンを引き込む シャフトの糸を引っ張り、ボタンのキャップ部分を取り出す。 PEGの手順 ボタン引き込み
E 胃壁と腹壁の密着 スペーサーディスクを用いて、術直後の胃壁と腹壁を密着させる。 PEGの手順 胃壁と腹壁の密着
施術後 お腹に造った「口」から流動栄養を直接胃に注入。 PEGの手順 施術後
      
PTEG (ピーテグ)  経皮経食道胃管挿入術
PTEGとは、Percutaneous Trans Esophageal Gastrotubingの頭文字をとったもので、経皮経食道胃管挿入術といいます。日本で開発された手技で、まだ歴史が浅く、広く普及するには至っていませんが、PEG困難例にも施行可能で内視鏡を用いないなどの利点があります。PTEGは、頚部食道(左鎖骨の上数cm付近)にエコー(超音波)と透視で確認しながら食道瘻を作成し、そこに長いチューブを留置して先端を胃に開孔させる手術です。 胃切除術後や有腹水例等でPEGが行えない方にPTEGを行います。手術は30分程度で終わり、入院も1週間程度です。頸部の自由度が向上し、QOLが改善されます。
PTEGの手順
@ 挿入 鼻からガイドワイヤー・穿刺用バルーンカテーテルを挿入し、バルーンを食道内で拡張させ、入口まで引っ張り上げる。 PTEGの手順 挿入
A 穿刺 エコー下で、バルーンを穿刺し、ガイドワイヤーを挿入。 PTEGの手順 穿刺
B 誘導 バルーンを縮めてカテーテルを肛門側へ進め、ガイドワイヤーをリリースする。 PTEGの手順 誘導
C ダイレーション 穿刺部に小切開を加え、穿刺ルートを拡張する。 PTEGの手順 ダイレーション
D PTEGの手順 ダイレーション
E 留置 留置カテーテルを胃内に挿入。造影剤を注入し食道への逆流がないことをX線透視で確認。1針縫合固定する。 PTEGの手順 留置
施術後 のどの近くに造った「口」から流動栄養を直接胃に注入。 PTEGの手順 施術後

井野病院 内科   日本消化器内視鏡学会 認定専門医 森本 真輔

詳しくは、井野病院受付へお問い合わせください。
Copyright(C) Shiosakikai Group. All rights reserved.