安心と信頼の医療、福祉を提供する            DPC対象病院
汐咲会グループ エンブレム。詳しくはクリック! 医療法人社団 汐咲会 日本医療機能評価機構認定病院
井 野 病 院
内科 消化器内科 循環器内科 呼吸器内科 肝臓・胆のう・膵臓内科 糖尿病内科 人工透析内科 神経内科
外科 整形外科 リウマチ科 眼科 婦人科 小児科 放射線科  リハビリテーション科 乳腺外来 禁煙外来
〒671-0102 兵庫県姫路市大塩町汐咲1-27      TEL 079-254-5553(代表)
井野病院トップへ
井野病院について
理念・病院長あいさつ
病院概要・沿革
指定・認定
臨床指標 
個人情報の保護方針
施設のご案内
バリアフリー情報
オリジナルカレンダー
診療について
外来受診の流れ
外来診察時間・担当医
診療科と医師の紹介
検査と治療
人間ドック・健康診断
入院について
DPC対象病院
地域包括ケア病棟
教室
糖尿病教室
慢性腎臓病教室
生活習慣病教室
ご相談
栄養相談
医療福祉相談
薬の相談
各会
糖尿病友の会 汐咲友愛会
象の会
リンク
病気や検査を体験した人々が自分の体験について語っている様子を見ることができます
【英語版】病気や検査を体験した人々が自分の体験について語っている様子を見たり聴いたりすることができます
日本医療機能評価機構が実施する医療情報サービス。各種疾患について知りたい人はこちらへGO!
    検査と治療  【ピロリ菌除菌】   

胃がん予防 ピロリ菌、「胃炎」での除菌も健康保険適用へ

日本人の死因の第1位は「がん」。がんの中でも日本人に最も多い「胃がん」の患者は約21万人とされ、年間約5万人が亡くなっています。
その胃がんの原因のひとつとして知られているのが「ピロリ菌(正式名:ヘリコバクター・ピロリ)」です。
ピロリ菌による病気

ピロリ菌に感染し、胃の粘膜に菌が定着すると、慢性胃炎になります。この状態から長い年月をかけて一部が胃潰瘍十二指腸潰瘍胃がんに変化します。

感染率

日本人の約50%、特に50歳代以上は約80%、そして、日本の胃がん患者の98%がピロリ菌に感染しているといわれています。

感染経路

多くの人は5歳までの子どもの頃(※)に飲み水や食べ物を通じて、口から体内に入ると考えられています。(菌のいる井戸水や糞便からの経口感染、感染者からの食べ物の口移し等)
(※)幼児期の胃の中は酸性が弱く、ピロリ菌が生きのびやすいため。

除菌のすすめ

2008年に「ピロリ菌を除菌すれば胃がんの発生が3分の1になる」と発表されました。それを受けて、日本ヘリコバクター学会は2009年、胃がん予防のために除菌をすすめる指針を出しました。
 
自分がピロリ菌の保菌者である事が発覚した場合、除菌治療を受けるのが有効な治療法のひとつですが、今までのピロリ菌の除菌治療は、「胃潰瘍」等の病気がなければ健康保険が適用されないため、高額な医療費が大きな負担となっていました。

しかし、今年2月、「ヘリコバクターピロリ感染胃炎」が新たに保険適用となり、胃内視鏡検査においてピロリ菌の感染による「胃炎」と診断されれば、健康保険で除菌治療を受ける事ができるようになりました。
中高年の人はもちろん、胃がんになった場合に進行が速い若い人も、一度は検査をしてください。


ピロリ菌がいるかどうかはどうやって調べるの?

 1.尿素呼気試験

検査用の特殊な尿素の錠剤を飲んで、しばらくしてから呼気(吐き出した息)を調べます。もっとも精度の高い診断法です。

 2.抗体測定(血液・尿)

血液や尿を採取してピロリ菌に対する抗体があるかどうか調べます。

 3.便中抗原

便の中にピロリ菌の抗原があるかどうかを調べます。

 4.胃カメラ

胃カメラで採取した胃の組織を調べます。

ピロリ菌 除菌治療の流れは?

ピロリ菌検査

ピロリ菌がいない

ピロリ菌がいる

除菌療法(7日間)

4週間以降、除菌できたかどうかを判定

除菌成功

ピロリ菌が残っている

2次除菌

除菌できたかどうかを判定


ピロリ菌の除菌方法は?
ピロリ菌の除菌は簡単です。1週間、2種類の抗菌薬(細菌をやっつける薬)と1種類の胃酸を抑える薬を朝晩服用するだけです。
  抗菌薬1 抗菌薬2 胃酸抑制薬
一次除菌 アモキシリン

クラリスロマイシン

胃酸分泌抑制薬(PPI

二次除菌 アモキシリン

メトロニダゾール

胃酸分泌抑制薬(PPI

現在、一次除菌と二次除菌(一次除菌が不成功に終わった場合)が保険で認められています。抗生物質に強い(耐性)ピロリ菌がいるために、一次除菌の成功率は80%前後、二次除菌の成功率は8090%前後ですが、両方合わせた場合は95%程度の除菌が期待できます。

ただし、ピロリ菌の除菌だけで胃がんを100%予防できるわけではありませんので、検診としての胃内視鏡検査を定期的に受けてください。

ピロリ菌の除菌治療について詳しくは井野病院 内科医師にご相談ください。

Copyright(C) Shiosakikai Group. All rights reserved.