しおさき かんたんクッキング 主菜
動脈硬化予防によいメニュー
なすとエビの香り炒め
なすとエビの香り炒め

材料 (2人分)

エビ(中)…200

小さじ1

水…2カップ

B 酒…小さじ1
こしょう…少々

なす…500

ねぎ…1

にんにく…1

生姜…1

赤唐辛子…2

揚げ油…適量

片栗粉…大さじ2

豆板醤…小さじ1

C 醤油…大さじ1
酒…大さじ1
砂糖…大さじ1/2
こしょう…少々

炒め用油…大さじ2


作り方
@ エビは殻むき、Aの塩水に漬けて冷蔵庫にしばらくいれておく。シャキっとしたら水気を拭き、背開きにして背ワタを取る。両面に斜めに軽く切れめを入れてから斜め半分に切り、Bで下味をつける。
A

なすは皮をまだらにむいてタテ半分に切り、更に一口大に斜めに切る。

B

ねぎは小口切り、にんにくはみじん切りにする。

C 生姜はせん切り、赤唐辛子は小口切りにする。
D 揚げ油を170℃に熱してAの茄子を揚げる。
E @のエビに片栗粉をまぶし、サッと揚げて取り出す。
F 中華鍋に炒め用の油とBのにんにくを入れて弱火にかけ、香りがしたらCを加える。豆板醤を加えて更に炒め、CとBのねぎ、DEを加え全体に炒め合わせる。

栄養価 (一人分)
エネルギー 238kcal
たんぱく質 11.2g

栄養士からのアドバイス

なすの皮に含まれる色素成分ナスニンは、抗酸化作用のあるポリフェノールの一種で、老化防止や癌の予防に効果があると言われています。また、なすの90%以上は水分で、体を冷やしてくれる働きがあるため、暑い夏にはおすすめの食材です。


とびひに注意!

とびひは、虫刺され湿疹のひっかき傷、擦り傷などに、主に黄色ブドウ球菌という細菌が感染して起こる幼小児のうつる皮膚病です。治療は抗生物質の内服が基本です。人にうつさないよう気をつけ、早目に受診しましょう。一度よくなっても再感染するので要注意です。

(101)
【発行】
井野 病 院  
079254-5553  〒671-0102 姫路市大塩町汐咲1-27
介護老人保健施設しおさきヴィラ (079)254-5767
しおさき訪問看護ステーション (079)254-5631
しおさき鍼灸施術所 (079)262-6007
居宅介護支援・訪問介護事業所しおさきサーブ (079)247-7666
どんぐり保育園 (079)254-3886
Copyright(C) Shiosakikai Group. All rights reserved.