しおさき かんたんクッキング 主菜
肝機能アップによいメニュー
イカと絹さやの胡麻味噌炒め
イカと絹さやの胡麻味噌炒め

材料 (2人分)

イカ・・・1

絹さや・・・40

ごま油・・・小さじ1
A

味噌・・・大さじ1

すり胡麻・・・大さじ1

みりん・・・大さじ1

酒・・・大さじ1

砂糖・・・小さじ2

醤油・・・小さじ1/2


作り方
@ イカはワタを抜き、皮を剥ぐ。胴は縦半分に切り、1cm幅に切る。足は食べやすい大きさに切る。
A

絹さやは、筋を取り、さっと塩茹でしておく。

B

Aを混ぜ合わせておく。

C フライパンにごま油を熱し、イカを炒める。
D イカが白っぽくなったら、絹さやを加え、Bを手早くからめる。

栄養価 (一人分)
エネルギー 218kcal
たんぱく質 24.5g
食塩相当量 2.3g

栄養士からのアドバイス

肝臓の働きを助ける成分としては、タウリン(いか・たこ・貝類)・セサミン、セサミノール(胡麻)・クルクミン(ウコン)等が有名です。サプリメントも販売されていますが、多量・長期摂取による健康被害が報告されている物もあります。食物中に含まれる成分の量であれば安全であると判断されていますので、できるだけ食材を「料理」として頂きましょう。


栄養サポートチーム(NST)は患者様の栄養管理を適切に実施しています

人は口から食べ物をとってそれを栄養として生きています。しかしその当たり前のことがなんらかの原因でできない、あるいは食べる量が減ってきた時どうすれば良いのでしょうか。そんなときに出番となるのがNSTNutrition Support Team)栄養サポートチームです。

井野病院のNSTは、全身の管理をする医師、患者さんの状態を把握している看護師、必要量や摂取量をみて食事を調整し提供する管理栄養士、薬の副作用・点滴などの管理をする薬剤師、食べ物の飲み込みをみる言語聴覚士などの各専門スタッフがそれぞれの知識や技術を出し合い、基本的医療の一つである栄養管理を、患者様の症例や疾患・治療に応じて最良の方法で適切に実施しています。

(133)
【発行】
井野 病 院  
079254-5553  〒671-0102 姫路市大塩町汐咲1-27
介護老人保健施設しおさきヴィラ (079)254-5767
しおさき訪問看護ステーション (079)254-5631
しおさき鍼灸施術所 (079)262-6007
居宅介護支援・訪問介護事業所しおさきサーブ (079)247-7666
どんぐり保育園 (079)254-3886
Copyright(C) Shiosakikai Group. All rights reserved.