しおさき かんたんクッキング 主菜
紫外線対策によいメニュー
肉団子のキャベツ蒸し
肉団子のキャベツ蒸し

材料 (2人分)

キャベツ・・・250(大き目の葉34枚)

にんじん・・・50

ブロッコリー・・・50

しめじ・・・50

豚ひき肉・・・150

玉ねぎ・・・1/3

A

片栗粉、醤油、酒…各大さじ1/2

ごま油・・・小さじ1

鶏ガラスープの素・・・小さじ1/3

湯・・・1/2カップ

ポン酢・・・小さじ2

作り方
@ キャベツはザク切り、にんじんはやや厚めの短冊切り、玉ねぎはみじん切りにする。
A

ブロッコリーとしめじは小房に分けておく。

B ボウルに豚ひき肉、みじん切りにした玉ねぎ、Aを入れてつくね、一口大の団子状に丸める。
C フライパンにキャベツとにんじんを敷き詰め、その上に肉団子、ブロッコリー、しめじをのせる。
D 湯を加えてフタをし、強めの中火で肉団子に火が通るまで、810分程度蒸す。
E 蒸しあがったら、器に盛り、ポン酢を回しかける。

栄養価 (一人分)
エネルギー 266kcal
たんぱく質 18.0g
食塩相当量 0.7g
レチノール相当量 221μ
ビタミンB2 0.31mg
ビタミンC 86mg

栄養士からのアドバイス

抗酸化作用のある成分には、ビタミンE、ビタミンC、ビタミンB2、カロテンなどのビタミン類や、セレンや各種ポリフェノールなどがあります。抗酸化作用をもつ食品と皮膚の構成成分である良質のたんぱく質を組み合わせたメニューがおすすめです。


熱中症を予防するために

●こまめに水分をとる:のどの渇きを感じなくてもこまめに水分補給しましょう。
●エアコンを上手に使う:温度設定に気をつけ、体に直接あたらないように風向きを調節しましょう。
●暑い日は無理をしない:特に高齢者は暑さに対する感覚が鈍くなり、発汗機能が低下します。室温などを計測し、温度が上りすぎていないか注意しましょう。
●室内でも注意:熱中症は室内や夜間でも多く発生します。すだれなどで直射日光をさえぎる、室外の涼しい空気を入れる、エアコンをつけるなど、部屋に熱がこもらないようにしましょう。

(135)
【発行】
井野 病 院  
079254-5553  〒671-0102 姫路市大塩町汐咲1-27
介護老人保健施設しおさきヴィラ (079)254-5767
しおさき訪問看護ステーション (079)254-5631
しおさき鍼灸施術所 (079)262-6007
居宅介護支援・訪問介護事業所しおさきサーブ (079)247-7666
どんぐり保育園 (079)254-3886
Copyright(C) Shiosakikai Group. All rights reserved.