しおさき かんたんクッキング 副菜
生活習慣病によいメニュー
具だくさんのあたたかスープ
具だくさんのあたたかスープ

材料 (4人分)
里芋…300g
塩…小さじ1
大根…150g
にんじん…60g
生しいたけ…6個
豆腐…100g
板こんにゃく…1/3枚
鶏もも肉…200g
水…6カップ
しょうゆ…大さじ3
酒…大さじ1
砂糖…大さじ1
塩…小さじ1/2
ネギ…20g

作り方
@ 里芋は皮をむいてボールに入れ、塩小さじ1をふりかけて手でもみ、ぬめりが出たら水洗いして、1cm幅に切る。
A 板こんにゃくは1口大に切って茹でておく。
B 大根、にんじんは5mm厚さのいちょう切り、生しいたけは1口大に切る。
C 豆腐、鶏肉は1口大に切る。
D 鍋に、里芋、大根、人参、板こんにゃくを入れて分量の水を加えて火にかける。煮立ったら、しょうゆ大さじ2を加えて弱火で約15分煮る。
E 鶏肉を加えて煮立てる。アクを取って砂糖、しょうゆ大さじ1、酒で調味する。
F

生しいたけと豆腐を加えてしばらく煮込む。

G 塩で味を調え、ひと煮立ちさせ、ねぎを天盛りにする。

栄養価 (一人分)
エネルギー 219kcal
たんぱく質 14.1g
食物繊維 4.2g

栄養士からのアドバイス

食物繊維が不足すると生活習慣病のリスクが高くなるといわれています。食物繊維は、腸の働きを刺激し便通を整えるので便秘の解消に役立ちます。また有害物質を排泄したり、コレステロールや糖質の吸収を遅らせる働きがあるので、生活習慣病の予防、改善に効果があると期待されています。根菜類を豊富に使った具だくさんのスープや筑前煮などがお勧めの料理です。


褥創(床ずれ)治療

寝たきりの方の床ずれ。自宅ではその防止に努めてもなかなかよくならないのが現状です。そこで井野病院の「褥創治療目的入院」を紹介します。創傷処置を得意とする外科医師・看護師・栄養士・薬剤師・理学療法士からなる褥創チームが、積極的な栄養療法、頻回の体位変換、高機能な体圧分散マットの使用に加え、従来とは異なった湿潤環境での褥創管理を行い、治癒促進に向けて良好な治療成績をあげています。詳しくは井野病院受付へお問い合わせください。

(37)
【発行】
井野 病 院  
079254-5553  〒671-0102 姫路市大塩町汐咲1-27
介護老人保健施設しおさきヴィラ (079)254-5767
しおさき訪問看護ステーション (079)254-5631
しおさき鍼灸施術所 (079)262-6007
居宅介護支援・訪問介護事業所しおさきサーブ (079)247-7666
どんぐり保育園 (079)254-3886
Copyright(C) Shiosakikai Group. All rights reserved.