汐咲会グループ エンブレム。詳しくはクリック! 安心と信頼の医療、福祉を提供する
株式会社 サーブ
居宅介護支援事業所しおさきサーブ
しおさきサーブ訪問介護事業所
〒671-0102 兵庫県姫路市大塩町汐咲1-8-1
TEL 079-247-7666
サーブトップへ
サーブについて
ごあいさつ・理念
概要
倫理綱領
プライバシーポリシー
居宅介護支援事業
介護保険代行申請
ケアプラン作成
在宅介護サービス
訪問介護サービス
配食サービス
ぽかぽかサービス
福祉タクシー
介護用品
介護用品販売
リンク 
サーブ サーブ録
     訪問介護サービス   

        住み慣れた地域・住み慣れた家で笑顔と安心のある暮らしを

資格を持ったホームヘルパーが、要介護認定を受けた方のご家庭を訪問し、身体の介護や生活の援助などのお世話をさせていただきます。

守秘義務を厳守しながら、併設する井野病院・介護老人保健施設しおさきヴィラ・しおさき訪問看護ステーションや、その他医療介護機関と常に密接な連携をとっています。


身  体  介  護
起床介助 早朝又は朝、起床及びこれに伴う着替えや整容の介助を行います。
就寝介助 夜間就寝のための着替え、おむつ着用等の介助を行います。
排泄介助 おむつの交換、失禁の世話、排尿器や差込便器の介助、トイレやポータブルトイレへの移動介助又は見守りや誘導などを行います。
衣服の着脱 寝間着や日常着の着脱の介助を行います。なるべく利用者が自分で行えるように配慮しながら行います。
容姿介助 身繕いを整えることを介助します。整髪、美容、爪切り等が含まれます。
身体の清拭・洗髪 身体を清潔に保つため、全身又は、部分的に体を拭きます。洗髪、手浴、足浴など頭髪や手足を直接洗うことも含まれます。
入浴介助 浴室への誘導や見守り、入浴中の洗浄等を行います。ただし、本人がまったく自立できない場合等には、入浴サービス等の他のサービスが必要です。
食事介助 食事の介助で、全面介助、一部介助又は見守りがあり、配膳から後片付けまで含まれます。
体位変換 じょくそうの防止のために、一日何回か体位変換を行う際の介助を行います。
服薬管理の支援 医師の指示の下に服薬管理を行う場合の支援を行います。
通院介助 病院への通院、買い物等のための外出の際に付添います。利用者の身体状況によって車椅子や歩行の介助を行います。

生  活  援  助
調理 利用者のための食事の調理、配膳、食後の後片付け、食品の管理を行います。利用者以外の家族等の食事の調理は含まれません。
洗濯(補修) 日常的な衣類の洗濯、乾燥、洗濯物の取込、整理、小物のアイロンがけのほか、ボタン付けや衣類のほつれの修繕など、専門技術が必要なく、短時間で出来る範囲内の補修を行います。
住居の掃除・整理整頓 屋内の清掃・ゴミ捨て、布団干し、日常生活用品等の整理整頓等を行います。住居内の場所は、利用者が日常生活に使用している居室、台所、トイレ風呂場等です。
買物 日用品や食料品など生活必需品の買物を行います。買物に伴う金銭管理には十分注意し、常に利用者の確認を得ながら行います。利用者から買物に出かけることが原則ですが、派遣時間との関係などにより訪問前に買物を行う場合は、利用者やサービス提供責任者等と十分相談し、買物の内容や金銭管理について確認の上で行います。
薬の受取 病院等への薬の受取りや、役所等への事務的な手続き(連絡等)を行います。
衣服の入替え等 季節の変わり目における衣服の入替え、寝具の交換を行います。

乗  降  介  助
乗降介助 ケアプラン上で要介護認定の利用者様の通院などの送迎と乗降介助を行います。



しおさきサーブ訪問介護事業所は、厚生労働大臣が定める基準に適合しているものとして、兵庫県より「特定事業所」として指定を受けています。よって、特定事業所加算(U)を算定させていただきます。 

《訪問介護の特定事業所加算とは》
サービスの質の高い事業所を積極的に評価する観点から、人材の質の確保やヘルパーの活動環境の整備、中重度への対応などを行っている事業所について加算されます。
特定事業所加算T 体制要件、人材要件、重度対応要件のいずれにも適合する場合 基本単位数の20%を加算
特定事業所加算U 体制要件、人材要件に
適合する場合
基本単位数の10%を加算
特定事業所加算V 体制要件、重度対応要件に
適合する場合
基本単位数の10%を加算

算定要件
体制要件 @ 事業所のヘルパーに対して計画的に研修(外部研修の受講を含む)を実施。
A サービス提供責任者が、ヘルパーに対し、サービス提供前に文書等確実な方法により、利用者に関する情報等の伝達を行うとともに、事後に報告を受けていること。
B ヘルパーの健康診断等を定期的に実施。
人材要件 @ 事業所ヘルパーについて会議福祉士の割合が30%以上
A サービス提供責任者の全てが5年以上の経験を有する介護福祉士。
重度対応条件 当該事業所の訪問介護サービスの利用者(予防給付を含む)のうち、要介護4または5の割合が20%以上。


訪問介護サービス利用料
            ※特定事業所加算U算定後
サービス内容 利用料 利用者
負担額
身体介護が
中心である場合
(1)所要時間30分未満 2,981円 299円
(2)所要時間30分以上
   1時間未満
4,716円 473円
(3)所要時間1時間以上
   1.5時間未満
6,860円 687円
(4)所要時間1.5時間以上
   2時間未満
7,820円 783円
生活援助が
中心である場合
(1)所要時間20分以上
   45分未満
2,225円 224円
(2)所要時間45分以上 2,756円 277円
通院等乗降介助 1回につき 1,173円 118円
初回加算 新規サービス提供時 2,123円 213円
緊急時訪問介護加算 1,061円 107円



介護予防訪問介護     

介護予防訪問介護サービス利用料
月単位利用料 利用者負担額
週1回程度の利用が必要な場合 13,017円 1,302円
週2回程度の利用が必要な場合 26,034円 2,604円
上記を超える利用が必要な場合 41,298円 4,131円
初回加算(新規サービス提供時) 2,123円 213円

通常のサービス提供地域(姫路市・高砂市・加古川市)以外の地域については交通費(一律500円)が必要になります。
上記の利用者負担額は、「法定代理受領(現物給付)」の場合について記載しています。居宅サービス計画を作成しない場合など、「償還払い」となる場合には、いったん利用者が利用料(10割)を支払い、その後、市に対して保険給付分(9割)を請求することになります。
Copyright(C) Shiosakikai Group. All rights reserved.